マヤカカオとは

マヤカカオ

マヤカカオの故郷はメキシコ、チアパス州の南、グアテマラとの国境近く、標高600m〜800mの高地ジャングルです。険しい山岳地帯にバナナ、コーヒーと共にカカオは科学肥料、農薬無使用で栽培されています。

カカオの木はそれのみで成長することはできずジャングルの王、聖なる大樹”セイバ”やバナナの木陰でひっそりと科学肥料、農薬無使用で成長していきます。

聖なる大樹”セイバ”の木陰で成長するカカオの木 聖なる大樹”セイバ”の木陰で成長するカカオの木

収穫したカカオ豆はバナナの葉に包み木箱に入れ日陰で数日間発酵させメキシコの太陽で天日干します。
毎年産地に通い、味見をし、最高の豆だけを買い付けています。

  • マヤカカオ
  • マヤカカオ
  • マヤカカオ
  • マヤカカオ
  • マヤカカオ
  • 焙煎は炭火で少量ずつゆっくり丁寧に行っています。

  • マヤカカオ
  • マヤカカオ